FC2ブログ
ジャンル別動画紹介ブログ
西暦208年。天下統一の野望に燃える漢の丞相・曹操(そうそう)の攻撃によって追い詰められた劉備(りゅうび)軍の天才軍師・孔明(こうめい)は「天下三分の計」を説き、曹操軍に対抗するため、孫権(そんけん)軍との同盟を提案。自ら孫権のもとに向かい、そこで交戦派の司令官・周瑜(しゅうゆ)と出会い、信頼関係を築く。こうしてかつて敵同士だった劉備軍と孫権軍が手を組むが、連合軍の兵はわずか5万人。対する曹操は80万人もの大群を率いていた。圧倒的な力の差がある状況下、連合軍に勝機はあるのか?





【veoh 01】
【tvbreak 01】
スポンサーサイト
[PR]