FC2ブログ
ジャンル別動画紹介ブログ
五十年後の2054年のアメリカ,ワシントンでは,予知能力者による殺人の予知により,殺人事件は皆無となっている。犯罪予防局に,三人のプリコグがいて,殺人の場面と,事件の起きる時刻,被害者,加害者の名を教えてくれる。二人が一致すれば,メジャーレポートで,一人だけなら「マイノリティレポート」すなわち少数見解であってこれがトリックに使われる。ジョン・アンダートン捜査官(トム・クルーズ)は,プリコグの観る映像から,犯罪の起きる場所を特定し,事前にその場に赴き,殺人を防止し,加害者を拘束する。ある日,殺人が予告されたが,その犯人は自分だった。あわてて逃げ出し,自分の容疑を晴らそうとするが,厳重に保護されているプリコグに接触する必要があった。網膜スキャナーで個人を特定できる装置があらゆるところにあるので,目を代えなければならなくなる :マイノリティレポート






【tvbreak 01】
スポンサーサイト
[PR]