FC2ブログ
ジャンル別動画紹介ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SFXの第一人者、D・トランブルの監督デビュー作。20世紀末、地球上の植物は全滅し、わずかに残された木々や草花は、宇宙船のドームで育てられていた。だがある日、乗組員に帰還命令が下され、ドームの爆発が指示された。乗組員の一人ローウェルは、植物を守るため3人の同僚を殺し、小型ロボットとともに土星に向かう。後半は、一人の人間と、もの言わぬロボットたちによる淡々とした構成だが、ロボットたちの圧倒的な“生命感”が生命の意味を強烈に問いかけてくる。切り離されたドームが、宇宙の深淵に向けて“静かに潜航”していくラストは、人類に残されたかすかな希望なのである。









スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。